南道路と北道路のメリット・デメリット

皆さんこんにちは!

本日は、タイトルの通り「南道路と北道路のメリット・デメリット」についてお話させて頂きます(^^

南道路か北道路、どちらにするのかは、図面を引こうと決められたお客様が一番初めに悩むところでもあります。

実際にはどちらがいいのでしょう?

まずは「南道路」のメリット・デメリットから見ていきましょう。

*メリット*

やっぱり南道路は何と言っても”日当たり”が最高です。

これは南道路を選ばれるお客様の一番の理由だと私は思います(^^)

それと”家の顔”がかっこよく決まりやすいです。

道路に面した外観が、大きな窓やバルコニーのある豪華な雰囲気につくれるのも南道路のメリットです。

*デメリット*

一つ目は、プライバシーの問題です。道行く人から家のリビングやダイニングでくつろぐ様子が丸見えになってしまいます。

そのために、南道路の家はレースのカーテンやブラインドを閉めっぱなしにしているお宅が多いようです。せっかく日当たりもよく、夢の一軒家を購入したのにずっとカーテン閉めっぱなしなんて、もったいないですよね。

バルコニーに干した洗濯物などが丸見えになってしまうというのも、主婦にとっては頭を悩ませるひとつかもしれません。

お次は「北道路」のメリット・デメリット

*メリット*

「日当たりの南、間取りの北」と言われることが多い土地の方位ですが、北道路ですと日当たりの良い、南側にリビングを持っていき、北向きに水回りを持ってくると、玄関に入ってすぐに洗面に行けるという人気の間取りがまとまりやすいのも特徴です!

それと北道路のおうちにとって、南側の庭は、南東西と三方を隣家に囲まれた閉鎖的な空間になります。

しかし、これは裏を返せば、道路からは見えない完璧なプライベート空間にもなりうるということです!

そして、北道路は南道路の土地に比べて割安な価格で手に入る事が多いのもメリットの一つです。

*デメリット*

北道路であろうが南道路であろうが、庭は基本的に南側に作りますよね。そのとき、北道路の家で南に建物があると、庭に陽が入らずジメジメする可能性があります。

やはり南道路に比べ、日当たりが悪いというのが一番のデメリットかもしれませんね。

少し長くなりましたがいかがでしたでしょうか?

どちらにも良い所、悪い所がありますので一概にどちらが良いとは言えません。

ですが、悪い所はフォローできるようにアースティックの設計士が腕を振るいますので

悩まれている方はぜひ、南と北どちらも図面を引いて比べてみて下さい(^^)